吸盤を簡単に復活させるコツは?特別な道具は必要?

吸盤が外れやすくなってしまう理由って、一体何なのでしょうか?

タオル掛けやスポンジ置きなどの吸盤が弱くなって、すぐ外れるようになってしまうのととても困りますよね。

そこで今回は吸盤を簡単に復活させる方法をご紹介!

また、吸盤が弱くなって外れやすくなる理由も解説するので、ぜひ覚えておくようにするといいですよ!

吸盤が弱くなってしまう理由は?

吸盤が弱くなってしまう理由はいくつかあるので、まずはそれを紹介していきます。

・吸盤にホコリなど汚れが付着している。

吸盤の内側や、吸盤をつける壁にホコリなどが付着していると、しっかりと付着しなくなります。

もともと、吸盤というのは壁に付けた時に、内側と壁の空気がなくなり、真空状態になることで、ぴったりとくっつくようになるんですよ。

でも壁や吸盤にホコリなどの汚れなどが付着していると、空気が入り込んでしまい、吸盤が外れやすくなってしまうんですよね。

ということで、吸盤の内側や壁に、汚れなどがないかチェックしてみましょう!

・吸盤が劣化によって変形してしまっている

吸盤は劣化してしまうと、形が変わってしまいます。

するとやっぱり壁との間に空気が入り込みやすくなるので、外れてやすくなるんですよね。

・吸盤に重すぎるものをかけてしまう

吸盤のフックなどに、吸盤の吸着力を超えた重いものをかけてしまうと、耐えきれなくなって外れてしまいます。

そのため、吸盤にはあまり重すぎるものはかけないようにしましょう。

以上が吸盤が弱くなってしまう理由。

確かに、私が以前使っていた吸盤も、外れやすくなっていた時って、かなり吸盤部分が変形していたような気がします。

やっぱり、吸盤と壁を真空状態にしないといけないので、それを踏まえたうえで、吸盤を復活させていきましょう。

吸盤を簡単に復活させるコツは?

では続いて、吸盤を簡単に復活させるコツをご紹介します!

・熱湯で変形した吸盤を元に戻す

劣化して歪んでしまった吸盤は、80度くらいのお湯に入れていきましょう。

変形が元に戻るまでお湯に吸盤部分を浸していけばOKですよ!

・レンジで加熱して変形を復活させる

耐熱容器に水と吸盤を入れ、電子レンジで30秒~1分ほど加熱します。

すると、たったこれだけで、吸盤の形が元に戻るので、吸着力も復活しますよ!

とても簡単なのでぜひお試しくださいね。

・ハンドクリームを吸盤部分に塗る

吸盤の内側に傷などがある場合は、ハンドクリームを吸盤に塗ってみるようにしましょう。

ただしこの時、吸盤と壁部分の汚れはしっかり落としておくと良いですよ!

汚れをしっかりおとしてから、ハンドクリームを塗るようにしてみましょう。

以上が吸盤を簡単に復活させる方法です。

確かにどれもすごく簡単で、すぐにでも出来そうですよね!

私も吸盤の吸着力がなくなったら試してみようと思います!

まとめ

吸盤の吸着力が弱くなってしまう理由は、吸盤が変形してしまったり、吸盤や壁に汚れがあるからなんですよね。

簡単に吸盤の吸着力を復活させるためにも、吸盤を80度のお湯に入れてみたり、レンジで30秒~1分加熱してみたりしましょう。

また、吸盤に傷がある場合は、ハンドクリームを吸盤に塗ると、やっぱりとても簡単に吸盤の吸着力を復活できますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました