ネギ栽培って室内でできる?必要な物は?

ネギ栽培は室内で出来るって本当なんでしょうか?

確かに、長ネギを室内で栽培できたら、買う必要もなくなってすごく良いですよね!

そこで今回は、長ネギは室内で栽培できるのか、また必要なものやどんな方法なのかを詳しくご説明します。

ぜひあなたのご家庭のキッチンでも、室内でネギを栽培してみると良いですよ!

ネギ栽培って室内で出来る?

結論からいうと、長ネギを室内で水耕栽培することが出来ます!

そのため、ぜひネギをカットする時は、根っこの部分を捨てないようにしてくださいね!

でも、のちほど詳しくご説明しますが、ネギは根っこの部分だけあれば、水耕栽培できるわけではないのでご注意を。

それでも、ネギが室内で簡単に栽培できるなんて、かなり嬉しいしお得ですよね!

ネギって何気にスーパーで買うと高い時ってありません?

でも、水耕栽培が出来るのなら、ちょっと時間はかかるけれど、ネギを育てて食べることが出来るので、ネギをスーパーで買わなくても良くなる可能性も!

しかも室内で水耕栽培をするので、肥料や虫対策の心配もしなくて良いので、誰でもお手軽に始められますよね!

ということでぜひ、ネギを室内で栽培していくようにしましょう。

そうすればとってもお得だし、ネギの栽培もなかなか楽しいですよ!

ネギ栽培を室内でするときに必要な物は?

では続いて、ネギを室内で水耕栽培する際に必要な物と、栽培する際の注意点を紹介していきます。

まず必要なものは当然ネギの根っこ部分!

ただし長ネギの根っこギリギリの部分ではなく、根本から4~5センチ残してカットした根っこの部分を用意しましょう。

要するに根っこギリギリにカットしてしまうと、栽培が上手くいかない可能性もあるんですね。

そうならないためにも、ネギは根本から4~5㎝カットしたものを栽培していきましょう。

そして、あとはネギの根が浸かる程の水とそれを入れるための、プラスチック容器が必要ですね。

プラスチック容器は少し深めのタッパーなどでも良いですが、おすすめはペットボトルをカットしたもの。

これにネギの根とそれが浸かる程の水を入れて、日当たりの良い場所に置いておくようにしましょう。

そして室内栽培していくことで特に重要なのは、水を毎日取り替えること。

水がにごってしまうと、水耕栽培も上手くいかなくなってしまうので、必ず水は毎日新しい、キレイなものに取り替えてくださいね。

そうすれば初めて水耕栽培する、という場合であっても、上手くネギを栽培して育てていくことが出来ますよ!

確かにネギを室内で栽培するって、かなり簡単そうですね!

筆者もネギの室内での栽培を試してみたくなりました!

水を毎日取り替えることと、日当たりの良い場所に置いておく、ということを忘れなければ、ネギはすくすく育つので、ぜひ栽培にチャレンジしてみてくださいね!

まとめ

ネギは室内で栽培することが出来ます!

ネギを根っこから4~5㎝のところでカットし、プラスチック製の容器に、根っこが浸るくらいの水と、根を入れて日当たりの良い場所に置いておけば、簡単に栽培出来ますよ。

ただし水は毎日新しいものに取り替えることがポイント。

そうすれば初めての人でも簡単に、ネギを栽培できるので、ぜひ試していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました