日傘を持ち歩くのって邪魔にならいい?折りたたみなら?

日傘を持ち歩くと、結構邪魔になることが多いですよね。

邪魔にならないように日傘を持ち歩くには、一体どうしたらいいんでしょうか?

やっぱり折りたたみ式の日傘にすべきなのか、迷ってしまいますよね。

そこで今回は日傘を持ち歩く時に邪魔にならない方法をご紹介!

日傘を持ち歩きたいと考えているのでしたら、ぜひ参考にしてみてくださいね!

日傘を持ち歩くのならば邪魔にならない折りたたみ?

日傘を持ち歩くのが邪魔なのでしたら、やっぱり折りたたみタイプの日傘を選ぶことをおすすめします!

確かに折りたたみではない日傘だと、傘のサイズが大きかったりして、より直射日光を遮ることが出来ます。

でも、折りたたみではない日傘は、やっぱり持ち歩く時や使わない時に邪魔になってしまうんですよね。

そのため、断然持ち歩きやすいのは折りたたみの日傘!

私も折りたたみの日傘を愛用しているんですが、バッグの中にすっぽり収まるので、邪魔にならなくて本当におすすめですよ!

ということで、日傘を邪魔にならないように持ち歩きたい、というのでしたら、折りたたみを選びましょう!

特に晴雨兼用のものがいいですよ。

日傘が主に大活躍する時期は夏。

夏はゲリラ豪雨や夕立など、急な雷雨があったりするので、晴雨兼用の日傘があると何かと雨が降っても安心!

バッグに晴雨兼用の日傘を忍ばせておくだけで、強い日差しも急な雨にも役立ちますよ。

ちなみに私が持っている折りたたみ日傘も、もちろん晴雨兼用のタイプのものです。

おかげでかなり役立っているので、あなたもぜひ、晴雨兼用の日傘を持ち歩くようにしてみませんか?

邪魔にならない日傘の持ち歩き方は?

邪魔にならない日傘の持ち歩き方はやっぱり、先ほども紹介したように、折りたたみタイプのものにして、普段はバッグの中に入れておくことですね。

どうしても大きいタイプの日傘だと持ち歩くのに邪魔になりますが、折りたたみ式ならバッグに入れられるので安心。

日傘ってどうしても持ち歩くと邪魔になりがちなんですが、折りたたみタイプを選ぶことで、日傘は邪魔にはなりません!

ただし、日傘を差す際は他の人の邪魔にならないように、くれぐれも注意して差すようにしてくださいね!

特に人混みの中では、なるべくは日傘を差さない方がおすすめ。

たとえ折りたたみの小さいサイズの日傘であったとしても、やっぱり人混みの中では日傘は邪魔になってしまいます。

周囲の人たちのご迷惑になったりしないように、混雑している道では、日傘は差さないようにしていきましょう。

それに、やっぱり日傘だけだと完璧なUV対策にはならないんですよね。

しっかりとUV対策をしたいのでしたら、日傘だけではなく、日焼け止めも併用していくのがいいですね。

そうすれば日傘を差せない場所でも安心だし、日傘を差していても、地面からの照り返しで、紫外線を受けてしまうことを避けられますよ!

というわけで、日傘が邪魔にならないようにするため、そしてUV対策をより強化するためにも、日焼け止めも併用していくようにしましょう。



まとめ

日傘は大きいサイズだとどうしても持ち歩きに邪魔になるので、折りたたみタイプを選ぶのが断然におすすめ!

折りたたみなら使わない時はバッグに入れておけるため、持ち歩きやすくてとっても安心。

また、晴雨兼用の日傘にすることと、日傘を差せない場合や照り返しの直射日光を防ぐためにも、日焼け止めを併用していくといいですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました