油断してると怖い春先の日焼けから守る方法

だんだんと日差しが差し込み、温かくなっていく春先。
ドライブや外に行く機会も増えてくる季節ですね。

私も毎年春になるとピクニックをしに、公園へ出かけています。
ポカポカした暖かさが気持ちいいですよね。

夏のようなジリジリとした熱さではないので、日焼け対策をせずにお出かけされる方も多いのではないでしょうか。

でも、春先こそ日焼け対策が必要ですよ。

春先の日焼けはこんなに怖いんです!

春の日差しは焼けるような感覚がない分、一見安全に感じてしまいます。
しかし、いくら日差しを感じられない状態でも、紫外線が消えたわけではありません。

ですので、春先はもちろん曇りの日も雪の日も冬の間も
1年中、紫外線は出ています。

その中でも一番対策を必要な時期が4月~5月にかけてだと知っていましたか?

理由は日差しが弱く油断している人が多いからだそうです。

さらに、春は肌も敏感になっています。

冬の保湿が上手くいっていればいいのですが、
乾燥のダメージが蓄積している可能性があるかもしれません。

春の日焼けは肌のトラブルであるシミや炎症を起こしやすいそうです。

春先の日焼け対策なら何がオススメ?

日焼け対策は、美肌をキープするためにとても重要。
夏みたいにがっちり対策する必要はないと思いますが、最低限やっておけば安心です。

【日焼け止め】
対策と聞いて一番にでてくるのは、やはり「日焼け止め」ではないでしょうか。

個人的に夏の間は、ウォータープルーフでPFやSPFの高いものを選んで使っています。
コストもかかるので春先の日差しの量に、その日焼け止めを使うのはあまり気が進みません。夏用は肌への負担も大きいと言われていますし。

おススメとされているのはPA++、PA+++のもので、SPF20~30の日焼け止めです。
もし、買ったのにPA値やSPF値が低いからと使っていないものが残っていれば、そういうのを使うのもいいかもしれません。

また、2度塗りすることで塗り残しを防ぐことができ、より高い効果を期待できます。
効果の弱い日焼け止めを買ってしまった方は、塗り方を工夫して使っていきましょう。

【日焼け対策グッズ】

日焼け対策として日傘や手袋など、様々なアイテムも発売されています。
ただし、過度な対策はおすすめしません。

春は冬用の厚手の衣服から柔らかな印象のある服に着替える季節です。

せっかくの春服を、真っ黒な日傘や帽子で覆い隠すのはもったいないと思いますよ。

もちろん、デザインの素敵なグッズも出てきてはいますが、春のおしゃれを楽しむ心の余裕も忘れてほしくありません。

日焼け対策で年中素敵な肌に

ダメージは蓄積されていくものです。

年間を通じて肌は、紫外線から守る必要があります。

大事なのは少しの対策を“継続していく”こと。

決して対策をすべてとればいいというわけではありません。

自分が面倒に感じる程度の量は実践しなくていいと思います。

「日焼け止めを毎日塗る」

これだけで、春の日焼け対策は十分じゃないでしょうか。

小さなことを継続して素敵な肌を手に入れましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました