簡単にできるバレンタインのラッピングってあるの?

甘いチョコレートのお菓子が飛び交うバレンタイン!
女性が好きな男性にチョコレートをプレゼントするイベント
でしたが、最近はそればっかりじゃないですよね。
会社や学校で義理チョコやら友チョコやら
祝祭日でもないのにいったい何個チョコを用意したらいいの?

そんな中で本命にはちゃんとした感じのチョコをあげたいけど
同じ種類のチョコしか作れなかった、
パーティパックのチョコレートを買ってきたけど
このまま渡すのは普段と変わらないな、
という人でもラッピングに工夫すればちゃんと別物に見えますよ!




彼氏にあげるものは箱に入れてみると高級感が!

同じチョコでも簡単に高級感を出すならずばり、
箱に入れてしまえばいいんです!

かっこいいクールなイメージで渡したい人は
茶色や黒など、シックな色の箱に入れると
チョコレートの色ともそろってきれいですね。

かわいらしいイメージをつけたい人は
ピンクやオレンジなどの中でも、
ちょっと茶色が入った色のものを選ぶと
冬っぽくてよいかもしれません。

箱に入れたらあとはリボンを結びましょう。
しかしこのリボンを結ぶのが
苦手という人も多いのではないかと思います。
そんな人はマスキングテープで固定するのも手ですね。
少しポップなイメージになるので注意は必要ですが、
工夫次第できれいに仕上げることが出来ます。

もっと目立たせたい人は、箱にお花をつけるのはいかがでしょう。
ドライフラワーやペーパーフラワー、小さい生花でも、
チョコレートを取り出したときにお花がついていたら
とても華やかなデザインの箱になりますよね。

箱に入れる以外でもいろいろおしゃれな工夫ができます。
クラフトバックにチョコレートを入れてシールでデコレーション。
これだけでもかっこよかったりします。
センスが問われるので、画像を検索して気に入ったものを
参考に作ってみると間違いないですね。

他にも、メレンゲを花束のようにラッピングするなんて
インスタ映えしそうなラッピング方法もあります。
チョコレートに応用して作ってみてもきれいでしょうね。




義理チョコなら、かわいい袋や包み紙があればバッチリ!

これで本命はばっちり!
となった後に必要になるのは大量の義理チョコ。
義理チョコもかわいいデザインにしたいけれど、
量が多くてそんな凝ったものは作れないですよね。

義理チョコはかわいい袋や包み紙があれば簡単に作れます
買ってきた袋や包み紙にちょちょっと入れてあげるだけで、
そのまま渡すよりも印象が良いですよ。

そうは言っても袋や包み紙で包むだけではなくちょっと凝りたいな
と思うならメッセージカードをつけてみてはいかがですか?
メッセージカードと言っても手紙を書くわけではありません。
義理チョコですから「いつもありがとう」といった内容の
ことが書いてあるカードをつけるだけでも印象が違いますよ。
付箋やシールを使えばもっと簡単ですね。
袋に直接メッセージが書いてあるもの以上に
目立つこと間違いなしです。

他にもパンチで穴をあけてリボンをつけるという方法があります。
何個か袋をまとめてパンチでばちっと穴をあけた後に
そこにリボンを通してつけると、ほんのひと工夫なだけですが
とても凝ったラッピングに見えますね。

ちょっと面白く個性感を出したい人は、
紙コップを使ってみるのはいかがですか?
紙コップにチョコを入れたら、コップのふちを広げます。
ふちを平らにして二つに折ったら、
口をマスキングテープで止めて出来上がりです。
100均などでかわいい柄の紙コップが売っていますので
簡単にかわいくて目立つラッピングにすることが出来ますよ。

ちょっとした工夫で、簡単に凝っているように見える
バレンタインラッピングをすることが出来ます。
皆さんも一味違うラッピングでバレンタインを楽しんでください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました