お花見にはブルーシートよりレジャーシートがオススメの理由

お花見の時にはブルーシートではなく、
レジャーシートを敷いた方が断然おすすめですよ!

お花見の時ってブルーシートを敷くのが定番になりつつありますが、
でもそうするとどこが自分たちの場所か、
見分けがつかない場合もおおいんですよね…。

そこで今回はお花見の準備の際に絶対に役に立つ、
レジャーシートの選び方を紹介していきます!

お花見にブルーシートだと迷子になる?

お花見の時に地面に敷くのはブルーシートだと、
他の花見客のものも見分けがつかなくなるし、
どこが自分たちが場所取りした所なのか、
分からなくなってしまうんですよね。

しかも買い出しに行って戻ってきた場合も、
ブルーシートを敷いていると、
やっぱり自分たちの場所がどの辺か分からず、
迷子になってしまうことも多いんですよ。

確かに花見客のほとんどがブルーシートで場所取りしていると、
せっかくいい場所が取れても分からなくなってしまいますよね…。

うっかり他の花見客のブルーシートに座ってしまったら、
トラブルの元にもなってしまうので何かと大変!

ということで花見をするのでしたらブルーシートを使うのはNG!

他の花見客などと見分けがつくように、
ブルーシートではなくレジャーシートを使うようにしましょう。

でもどんなレジャーシートを敷けば良いかよく分からないですよね。

あまりよくあるデザインのレジャーシートだと、
やっぱり他の花見客とかぶってしまい、
自分たちの場所なのか見分けがつかない可能性もあります。

ということで、何気に大事なレジャーシートの選び方を知っておきましょう。

お花見にオススメのレジャーシートの選び方

レジャーシートはズバリ、厚手のものを選ぶのがおすすめなんです。

というのも、やっぱり花見の場所って公園の地面やアスファルトの上などで、
とってもデコボコしているし、花見の時期って、
まだちょっと肌寒い場合も多いですよね…。

そんな時に薄手のレジャーシートだと、
ずっと座っているとお尻や足が痛くなってくるし、
腰や足が冷えてしまう場合もあります。

そのため、レジャーシートは出来れば、
厚手のものを用意しておくようにしましょう。

大きさは参加人数に合わせて、4人以上で使用するのでしたら150cm四方か、
145×200cm以上のレジャーシートを選ぶようにしておくといいですよ!

また、雨の日の翌日にお花見をする場合は、
なるべく防水性の高いレジャーシートを使うのが良いですね。

そうしないと雨水が染み出てくる可能性もあるので、
防水性の高いレジャーシートを使うのがベストでしょう。

また、収納バッグや持ち手がついているレジャーシートの場合は、
持ち運びがとっても便利なのでおすすめです。

特に収納バッグ付きの場合は、
汚れてしまったレジャーシートの持ち運びをするときに、
とても役立つのでかなりイチオシなんですよ!

やっぱり汚れたレジャーシートって持ち運びしにくいですからね。

ということでぜひお花見で使うレジャーシートは、
アウトドア用品店などで、厚手かつ機能面にも優れたものを選べば、
とても快適にお花見できるし、他の花見客のブルーシートと、
間違えてしまう心配もないのでかなり安心ですよ。

まとめ

お花見ではブルーシートだと他の花見客と見分けがつかなかったり、
迷子になってしまう可能性があるので、
出来ればレジャーシートを使うようにしていきましょう。

なるべく厚手のもので防水性があり、
収納袋もついていると汚れてしまっても持ち運びに便利!

アウトドア用品店で売っているようなレジャーシートがおすすめなので、
ぜひ快適にお花見にできるように、
レジャーシートも慎重に選んでいきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました