きゅうりは常温で保存しても大丈夫?冷蔵の方が長持ちする?

きゅうりは常温保存でも日持ちするんでしょうか?

でも常温だとすぐに傷んでしまいそうですよね。

ということはやっぱり冷蔵の方が長持ちするもの?

もしくは冷凍した方が良いんでしょうか?

ただ、きゅうりって冷凍保存できるのか気になるところ。

そこで今回は、きゅうりは常温保存でも良いのか、少しでもきゅうりを長持ちさせるには、どんな保存方法が良いのかを詳しく解説します。

きゅうりは常温で保存しても大丈夫?冷蔵の方が長持ちする?

結論からいうと、きゅうりは常温ではなく、冷蔵保存の方が長持ちします。

常温でも保存できなくはないですが、その場合は、10度~13度の温度を保つようにしましょう。

でもそうなると、夏場はやっぱり冷蔵庫で保存した方が良いですよね。

ということで、きゅうりが旬を迎える夏場は、冷蔵庫に入れて保存しておくようにしましょう。

ただ、きゅうりは冷やし過ぎても傷みやすくなってしまうので、冷蔵庫に入れておく場合は、野菜室に入れておき、冷やし過ぎに注意しておきましょう。

きゅうりって、冷やし過ぎてもダメな野菜だったんですね!

我が家でもきゅうりは基本的に野菜室で保存しているので、だいたい1週間くらいは日持ちしますよ!

ちなみに寒い時期で、きゅうりを常温で保存する場合は、きゅうりを1本ずつ新聞紙で包み、ポリ袋に入れて、冷暗所に立てて保存しておくようにしましょう。

そうすれば4~5日くらいは日持ちさせることが出来ますよ。

でも、やっぱり冷蔵保存の方が長持ちするんですよね。

きゅうりを少しでも長持ちさせたい場合は、やっぱり冷蔵保存をしておくと良いでしょう。

きゅうりを長持ちさせるコツは?

きゅうりは確かに冷蔵保存しておけば、1週間は日持ちさせることができます。

ただしきゅうりって実は、カットすることで、冷凍保存をすることも出来るんですよ!

まずきゅうりをスライスして塩を振っておき、水分を出しておきます。

少し置いて、水分が出たらギュッと絞り、キッチンペーパーで水気を拭き取ったら、小分けにしてラップで包み、フリーザーバッグに入れて、
冷凍庫へ入れておきましょう。

冷凍庫に入れておけば、約1ヶ月は保存できるので、とってもおすすめなんですよ!

冷凍したきゅうりを調理に使う時は、冷蔵庫に移して自然解凍しておきましょう。

そうすれば、きゅうりの鮮度を保った状態で、解凍が出来ますよ。

ただし、1度解凍してしまったきゅうりは、鮮度が落ちてしまうため、再度冷凍することは出来ません。

そのためにも、冷凍する段階で、きゅうりを小分けにしておくと良いんですね。

ということで、きゅうりを長持ちさせたいなら、ぜひスライスして水分を抜いてから、冷凍しておくようにしましょう!

確かに1ヶ月も保存できるなら、大量にきゅうりが余ってしまっていても安心ですね!

我が家でもきゅうりを冷凍保存してみようと思います。

でも、1週間以内できゅうりを食べ切れるのでしたら、無理に冷凍しなくても、冷蔵しておけばOKですよ!

まとめ

きゅうりは10度数13度の温度でしたら、常温で保存してもOK!

新聞紙に包んで、立てて冷暗所に保存しておきましょう。

でも暑い時期は冷蔵保存しておいた方が、1週間は保存ができるのでおすすめですよ。

そしてきゅうりが大量にある場合は、水分を抜いて小分けにしてフリーザーバッグに入れてから、冷凍保存しておくのがベスト!

1ヶ月は保存できるので、ぜひ大量にあるきゅうりは、冷凍で保存していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました