幼児におすすめ!簡単に作れる紙コップでカタカタ歩くおもちゃの作り方

おうち遊びを充実させたい時。おうちにあるもので工作をするのも楽しいですね。

今回は紙コップを使った面白い動きをするおもちゃの作り方を紹介します。

家にある材料で簡単に作れます

何か作りたいと思っても、思い立った時に家に材料がなくて断念ということがよくあります。

少ない材料で手軽にできるので、子供と一緒に作って楽しんでみてください。

用意する物


・紙コップ
・輪ゴム
・使い終わった乾電池
・セロハンテープ
・ハサミ
・マジック

1

写真のように乾電池に輪ゴムをテープでとめます。

2

紙コップにハサミで切り込みを4か所入れます。(―の部分です)

3

輪ゴムを切り込み部分にひっかけます。

4

ひっかけた部分をテープでとめます。

5

紙コップを好きなように装飾して完成です。

今回は簡単に顔を書きました。

独特の動きが幼児のツボにはまって大喜び!


乾電池をぐるぐる巻いて、かぶせて手を離せば、動きます。

動き方が独特でカタカタぴょんぴょん動くので、面白いようで子供も大はしゃぎでした。

まとめ

今回は簡単に顔を書いただけでしたが、カタカタぴょんぴょん動くので、ペンギンなどの絵を書いたらより可愛く楽しいと思いました。

ただ、まだ何でも口に入れてしまうような小さい子供は、乾電池を誤飲すると大変危険なので、注意して遊んでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました