フロントガラスの水垢は重曹で落とすことが出来る?

車のフロントガラスの水垢は、重曹で落とすことが出来るって本当なんでしょうか?

洗車したり雨に当たると、フロントガラスに水垢がついて、すごく見えにくくなってしまうことがありますよね。

でも、そんな時に役立つといわれているのが重曹!

そこで今回は、フロントガラスの水垢を重曹で落とす、とっておきの方法をご紹介していきます!

フロントガラスの水垢は重曹で落とすことが出来る?

フロントガラスの水垢はズバリ、重曹を使って落とすことが出来るんですよ!

ただし、重曹で落とせるのはあくまでも軽度の水垢の場合。

深くこびりついてしまった頑固な水垢に関しては、重曹で落とすことが難しくなってしまうんですよね。

そんな時は重曹ではなく、後ほど詳しく紹介しますが、クエン酸を使うのが良いでしょう。

重曹は基本的に酸性の成分を持った汚れに対して、とても有効なんですよ。

でも水垢はアルカリ性の汚れなので、同じアルカリ性の重曹を使っても、完全に落としきることが難しいんですよね。

ということで、軽度な水垢なら、重曹は効果的ですが、それでも落ちない水垢には、クエン酸を使っていくようにすると良いでしょう。

では、フロントガラスの水垢には、どんな方法で重曹を使えばいいのか、水垢除去の仕方を詳しく説明しますね!

フロントガラスの水垢を重曹を使って落とす方法

重曹でフロントガラスの水垢を落とす方法は簡単!

まずスプレーボトルに重曹を小さじ1杯ほど入れ、水を適量注いでよく振って混ぜてください。

そしてそれをフロントガラスにスプレーします。

後は15分ほど待ってから、フロントガラスを拭き掃除すればOK!

とっても簡単な方法で軽度の水垢でしたら除去出来ますよ!

ただし、頑固にこびりついてしまった水垢に関しては、重曹よりもクエン酸を使った方が効果的です。

クエン酸を使う時は市販のスプレーを使うか、重曹と同じように粉末のクエン酸と水で、スプレーを作るようにしていきましょう。

そして、フロントガラスにまずクエン酸を吹き付けていきます。

更にその上から、キッチンペーパーやティッシュペーパーなどをかぶせて覆い、またその上からクエン酸をスプレーしていってくださいね。

後はそのまま15分~30分待って、覆っていたペーパー類を取り除き、拭き掃除をすれば完了!

ペーパー類でパックをすることで、フロントガラスの水垢にクエン酸が浸透するので、より効果的に水垢を除去出来るんですよ!

ということで、重曹で落ちなかった水垢に関しては、クエン酸を使っていくようにしましょう。

そうすればフロントガラスもキレイになりますよ!

我が家の車もフロントガラスに水垢がついてしまっているので、重曹やクエン酸を使って除去してみようと思います。

やっぱり水垢が付いたままだと危ないし、見た目にもあまり良くないですからね。

ちなみに、水垢を予防するためにも、車は濡れてしまったら、こまめに水滴を拭き取るのがベスト!

でも屋根付きの駐車場やガレージでない限り、それはなかなか難しいですよね。

その場合は、定期的に重曹スプレーでフロントガラスを磨くなどして、フロントガラスに水垢が溜まらないように注意しましょう!

まとめ

フロントガラスについた水垢は、軽度なものでしたら、重曹を使って落とすことが出来ます。

重曹をスプレーして水垢を落としていくようにしましょう。

それでも落ちない頑固な水垢は、クエン酸スプレーを使うと効果的ですよ!

ぜひ重曹やクエン酸を活用して、フロントをピカピカにしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました