ダイソーの貼ってはがせるフックを使ってコンセントすっきり収納法

空気清浄機やヒーターなど、使用しているときはよいのですが、使用していないときのコンセントって床に放置されていることはありませんか?

床にコードが落ちていると引っかかって転んだり、子供が引っ張って遊んだりなにかと危険が潜んでいます。

そんなお悩みの解決方法を紹介したいと思います。

お金はかけず、シンプルにすっきり

最近の100円ショップは、モノトーンや透明など色を統一することによってすっきり見せられるアイテムがたくさんあります。

今回もそんなシンプルな100円ショップグッズを使用してすっきりコンセントを収納してみようと思います。

用意するもの


・ダイソーの何度でも貼ってはがせるフィルムフック
・透明ガムテープ

1


写真のようにいつもコンセントは床に落ちています。

そこで空気清浄機の側面に、フィルムフックを貼り、コンセントをひっかけてみました。

2
5分後。

「ボテッ」と音がしたので様子を見に行ってみると、フックは見事に落ちて、コンセントも床に落ち、元通りになってしまいました。

パッケージには、1kgまで大丈夫と書いてあるので安心していましたが、よく見ると「光沢のある平らな場所」に貼るように書いてありました。

我が家のざらざらした空気清浄機の側面には不向きだとここで気づきました。


3
どうにかしてこのフックを活かしたいと思い、(新しいものを買いに行きたくなかったのもありますが)家にあった透明のガムテープで補強してみることにしました。

完成


同じようにフックにコンセントをかけてみて、しばらく様子を見ていましたが、今度は落ちる気配もなく大丈夫なようでした。

フックを購入するときは表示の確認をしっかりと!

透明でシンプル!と思って購入しましたが、私の確認不足により結局テープで補強する羽目になってしまいました。

当たり前ですが、シンプルで良い‼とデザインばかりで選ぶのではなく、フックは貼りたい場所や重さなどをしっかり確認してから購入することをお勧めします。

まとめ

貼って剥がせるタイプのフックを使用しましたが、今回、コンセント収納に使うには貼って剥がせる必要はないと後から気づきました。

剥がれないほうが良いですね(*_*;

表示をよく確認せずに購入してしましましたが、テープで補強することによって結局は無駄にならずに済んだので、購入してよかったと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました