飛行機に加湿器は持ち込みできる?

飛行機に加湿器を持ち込みすることは出来るんでしょうか?

フライト中、飛行機内の空気って乾燥しがちだから、肌やのどを守るためにも、加湿器があった方が良いですよね。

でも、飛行機内で加湿器のような家電を使って良いもの?

そこで今回は、飛行機内に加湿器は持ち込みできるのか、のどや肌を乾燥から守るにはどうしたらいいのかを紹介します。

飛行機に加湿器は持ち込みできる?

結論からいうと、小型の加湿器であれば、飛行機内に持ち込むことが出来ます。

ただし他の乗客の迷惑にならないように使うことと、出来れば使用前には、CAさんに加湿器を使用しても良いか、確認しておくのが良いですね。

また、コンセントは座席によってはない場合もあるので、電池式や紙タイプの加湿器を持ち込みするのがベスト。

そして、離着陸の時は必ず、加湿器をしまっておくようにしましょう。

そうすれば飛行機内で加湿器を持ち込み、使ってもOKですよ!

ちなみに、アロマタイプの加湿器は、他の乗客の迷惑になる可能性があるので、飛行機内で使うのはNG!

必ずアロマのないタイプのものを使うようにしてくださいね。

個人的には、加湿器は出来れば乾電池タイプの小型の加湿器を使うこと。

特にミストが出る携帯型の加湿器なら、他の乗客の迷惑になりにくいので、安心して使うことが出来ますよ。

おすすめ商品の通販サイトはコチラ。

確かにこれなら、自分だけを加湿することが出来るので、飛行機内でも気軽に使えそうですね!

私もフライトの時のために欲しくなってしまいました(笑)。

また、この他にも、加湿器を持ち込まなくても、濡れマスクをしたり、小瓶に化粧水を移して機内に持ち込んだりすれば、肌やのどの乾燥を防げるのでぜひ検討してみてくださいね!

飛行機の持ち込みに注意する物

飛行機の持ち込みに注意すべきものは、化粧水や乳液などの液体類ですね。

フライト中のスキンケアのために、化粧水や乳液を持ち込もうとすると、規定の量を超えている場合は、機内に持ち込みが出来ない場合があるんですよ!

機内に化粧水や乳液などの液体を持ち込みたい場合は、下記のサイトを参考にして、規定を把握しておくと良いでしょう。

液体の機内持ち込みの注意点を徹底解説!【元客室乗務員の解説動画あり】
旅行の準備で絶対におさえておきたいのが、機内持ち込みする液体についてのルールです。とくに国際線での液体の機内持ち込みルールには、厳しい制限があります。どんなアイテムが液体とみなされるのか、また液体を機内に持ち込む方法などを、わかりやすく説明していきます!

要するに、加湿器も中に水が入っていて、規定量を超えている場合は、持ち込みが出来ない、という可能性もあるんですよね。

機内に加湿器を持ち込む際は、搭乗してから、化粧室で加湿器に水を入れて使うようにしましょう。

そうすれば飛行機内でも加湿器を安心して使えますよ!

やっぱり機内に持ち込みするものって、厳しい制限があったりするんですよね。

でも、規定内の量の液体などでしたら、持ち込みOKなので、ぜひ規定をしっかりチェックしたうえで、飛行機内に加湿器やスキンケア用品を持ち込みするようにしてくださいね!

まとめ

飛行機内には加湿器は持ち込み出来ますが、コンセントを使うものはNGですし、ミストが多く出るものも、他の乗客の迷惑になるので持ち込まないようにしましょう。

また、飛行機内には水やスキンケア用品など、液体類を持ち込むには規定があるので、必ずまずは規定をチェックしてから、持ち込めるようにしておいてくださいね。

そうすれば、フライト中の加湿もOKですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました