餃子の皮を冷凍するには袋のままの状態でも大丈夫?

餃子の皮って袋のまま冷凍しても大丈夫なんでしょうか?

確かに餃子の皮を袋のまま冷凍できたら、すごくお手軽ですよね!

でも袋のまま冷凍することって出来るもの?

そこで今回は、餃子の皮は袋のまま冷凍出来るのか、餃子の皮を冷凍保存する正しい方法を詳しくご紹介します。

ぜひ餃子の皮をたくさん買った時のために、覚えておくといいですよ!

餃子の皮を冷凍するには袋から出さないとダメ?

結論からいうと、餃子の皮は袋に入ったまま冷凍してOK!

つまり餃子の皮をたくさん買ったら、開封せずにそのまま冷凍庫に入れて凍らせてしまっても良い、ということなんですね。

これは確かにお手軽だしとても便利です!

ただ、餃子の皮を袋のまま冷凍してしまっても、使う時に餃子の皮同士がくっついてしまうことはないんでしょうか?

その心配も実はしなくて大丈夫ですよ!

冷凍しておいた餃子の皮を使いたい時は、前日に冷蔵庫に移しておき、自然解凍すれば、普通に餃子の皮を使うことが出来ます。

もちろん皮同士がくっついてしまうこともないので、餃子を作る時にイライラする心配もなしです。

餃子の皮って冷凍出来るし自然解凍でOKだし、本当に冷凍しておくとメリットだらけなんですね!

ということで、餃子の皮は袋のまま冷凍して、使う時は自然解凍をしていくようにしましょう!

そうすれば大量に餃子の皮を買ってしまっても安心ですね!

餃子の皮を冷凍保存するコツ

餃子の皮は未開封なのでしたら、先ほども紹介したようにそのまま冷凍庫に入れて、冷凍保存してしまっても大丈夫ですよ。

ただし、開封してしまっているのでしたら、餃子の皮を1枚1枚ラップに包み、それをフリーザーバッグに入れて空気を抜き、密封状態にしてから冷凍保存しておくと良いでしょう。

開封後の餃子の皮を冷凍するのでしたら、ラップで1枚ずつ包んで冷凍しておいた方が、解凍した時にくっついてしまう心配がないので安心です。

また、ラップで1枚ずつ包んでおけば、小分けにすることも出来るので、使いたい時に使いたい分だけ解凍することも出来ますよ。

ということで開封後の餃子は袋のままではなく、ラップに包んでフリーザーバッグに入れて冷凍しておきましょう。

餃子の皮を1枚ずつラップに包むってちょっと面倒ですが、そうしておけば小分けに出来るしくっつかなくなるので、ぜひラップに包んでおいてくださいね!

私も餃子の皮が余ってしまった時は、ラップに包んでフリーザーバッグに入れて保存していこうと思います!

ちなみに、冷凍した餃子の皮は、約1ヶ月は保存が出来るので、すぐに消費しなくても大丈夫なのが嬉しいですね。

ただし1度解凍してしまった餃子の皮は、再び冷凍すると風味が落ちてしまうので、必ず使う分だけを解凍していくようにしましょう。

まとめ

餃子の皮は未開封なのでしたら、袋のまま冷凍してしまってもOK!

解凍は冷蔵庫に入れて自然解凍すれば大丈夫ですよ。

開封してしまった餃子の皮に関しては、1枚ずつラップに包んでからフリーザーバッグに入れて、冷凍庫に入れておきましょう。

そして使う時は必要分だけを解凍してくださいね!

また、冷凍した餃子の皮は、1ヶ月以内には消費していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました