ココアを飲むと眠くなるって本当?

ココアを飲むと眠くなるという話を聞きますが、
果たして本当なんでしょうか?

でもココアの原料はカカオだから、
カフェインが入っているため、眠くならないような気もしますよね。

実際のところ、どうなんでしょうか?

そこで今回はココアを飲むと眠くなるのか、
もしくは眠くならなくなるのか、真相を解明していきます。

ココアを飲むと眠くなると言われている理由

ココアには実はリラックス効果を持つとされている、
テオブロミンという成分が含まれています。

そのため、ココアを飲むとリラックスして、
眠くなってしまう場合があるんですよね。

また、ココアをお湯ではなくミルクで作った場合、つまりミルクココアは、
ミルクに含まれるトリプトファンという成分によって、
余計に眠気を誘うようになってしまうんですよ。

確かにミルクには安眠効果があると言われていますよね。

以上のことから、ココアを飲むと眠くなってしまう場合があるんです。

特にホットミルクで作ったココアに関しては、
体も温まるので、より眠気を誘ってしまうんですね。

ということで、ココアはなるべくリラックスしたり、
寝る前などに飲むのがベスト。

これから仕事や勉強や会議などがある前には、
あまり飲まないようにした方が良い飲み物といえるでしょう。

でも確かにココアを飲むと、
なんだかホッとしたような気分になりますよね。

筆者もリラックスタイムでよくココアを飲むのでよく分かります。

ということで、眠気覚ましにはやっぱり、
コーヒーやお茶などを飲んだ方が良いですよ!

>h3<ココアの原料はカカオだから眠くならないのでは?

ココアの原料はカカオであり、
カカオにはカフェインが含まれているから、
眠くならないのでは?という疑問も出てきますね。

確かにカカオにはカフェインが含まれています。

でも、ココアにはカフェインよりも、
先ほど紹介したリラックス効果をもたらすとされる、
テオブロミンの方が多く含まれているんですよ。

ココアパウダー5gにはカフェインは7mgに対して、
テオブロミンはなんと105mgも含まれています。

確かにリラックス効果の方が大きいんですね。

しかもココアをミルクで作った場合は、より眠気を誘うようになるので、
ココアの原料がカカオでありカフェインが含まれていたとしても、
眠気覚ましになるほどの効果はないと言えるでしょう。

やっぱりココアは眠くなってしまう飲み物だったんですね。

そのため、やっぱりなるべくは寝る前などに飲むのがおすすめ。

ミルクで作ったホットココアにして、
体を温めてから眠ればぐっすりと安眠できるでしょう。

眠れない時もぜひココアを飲むようにしていくと良いですよ!

またリラックスしたい時もココアはおすすめなので、
ぜひココアで安らぎのひと時を過ごしましょう。

まとめ

ココアにはリラックスをさせる成分が含まれると同時に、
ミルクで作ればより安眠効果をもたらしてくれます。

そのため、ココアを飲むと眠くなりやすいんですね。

ココアには確かにカフェインも含まれているけれど、
それはかなり微量なので、リラックス効果の方が大きく、
飲むことで安眠できるようになりますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました