スープジャーの蓋が開かない!どうしたら開く?

スープジャーの蓋が開かない時は一体どうしたらいいんでしょうか?

そもそもスープジャーの蓋が開かないのは一体なぜ?

そこで今回は、スープジャーが開かないワケと、
開かない時の対処法、そして対策法をご紹介していきます。

よくお弁当にスープジャーを使うのでしたら、
ぜひ覚えておくと良いですよ!

スープジャーの蓋が開かないときはどうしたら開く?

スープジャーの蓋が開かなくなってしまった時は、
ゴム手袋をしてグッと力を込めて蓋をあけていきましょう!

もしくはシリコン製のオープナーを使って、
蓋を開けていくようにすると良いですよ。

近くに男性がいるのでしたら、
その人に開けてもらうのが一番なのですが、
そうでない場合は、やっぱりゴム手袋などを使って、
蓋を開けていくようにすると良いでしょう。

要するにジャムなどのビンが開かない時と同じことですね。

出先でスープジャーを開けようとして、蓋が開かない時は、
ゴム手袋やシリコン製のオープナーを持っていないでしょうから、
ハンドタオルやハンカチを濡らして、
それを蓋に被せて、グッと力を入れて開けていくようにするといいですよ。

また、スープジャーによっては、
蓋が開かない時の対処法が説明書に書かれている場合もあるので、
それを読んでおくことをおすすめします。

ちなみに、スープジャー本体を温めて蓋を開けようとすると、
破裂する危険性があるので、絶対にしないでくださいね!

必ずゴム手袋かシリコン製のオープナー、
もしくは湿らせたタオルなどを使って開けていきましょう。

そうすれば安全にスープジャーの蓋を開けることが出来ますよ。



スープジャーの蓋が開かない原因と対策

スープジャーの蓋はなぜ開かなくなってしまうのかというと、
時間が経つにつれて、スープジャーの中身の温度が下がり、
本体の内側から圧力がかかって蓋が固定されてしまうから。

もっと分かりやすくいうと、スープジャーの中身が冷めることで、
スープジャー内部が真空状態になってしまい、
蓋をギュッと締め付けた状態になってしまうんですね。

要するに、スープジャーの内部の空気がなくなってしまうことによって、
蓋が開かなくなってしまうんですよ。

これを防ぐための対策としては、
やっぱりスープジャーに料理を入れ過ぎないことと、
中身が冷めないように、スープジャーは保温ケースなどに入れておく、
ということをするといいですね。

中身の量が多いと、それだけで真空状態になりやすいので、
注意が必要なんですよ!

そしてスープジャーの中身を冷めにくくするためにも、
スープジャー専用の保温ケースに入れておくことがおすすめ。

そうすれば真空状態になることを避けられるので、
蓋が開かなくなることの対策法になるんです。

意外とスープジャーって、慎重に使わないといけないんですね…。

でも、蓋が開かないと面倒だし大変なので、
ぜひ対処法や対策法を覚えておくと良いですよ!



まとめ

スープジャーの蓋が開かない時は、
ゴム手袋やシリコン製のオープナー、
湿らせたタオルなどでグッと力を込めて開けていきましょう。

蓋が開かなくなったということは、
中が真空状態になってしまっているので、
それを防ぐことが大事なんですね。

そのためにも、スープジャーは中身を入れ過ぎないことと、
なるべく中身が冷めないように、保温ケースに入れてお

コメント

タイトルとURLをコピーしました