花粉症にマスクは効果無し?

花粉が飛ぶ春の時期はマスクが手放せませんよね。

でも花粉症にマスクって本当に効果があるんでしょうか?

花粉症でマスクをつけているけれど、
イマイチ効果が感じられない、という場合も多いはず。

でもマスクは選び方や付け方によって、
ちゃんと効果を得ることができるんですよ!

そこで今回は花粉症対策におすすめしたい、
効果的なマスクの選び方や付け方を紹介していきます。

マスクの選び方で効果が違うの?

花粉症対策でマスクを付けるのでしたらズバリ、
不織布のマスクを選ぶのが最も効果的でしょう。

マスクには不織布の他にガーゼマスクなどもあるんですが、
不織布のマスクは花粉をしっかり防いでくれるため、
花粉症対策としてはかなり有効なんです。

私も花粉症なんですが、やっぱり不織布のマスクをしていると、
花粉を吸い込む量がかなり減らせるので、
症状が和らいでいるように感じるんですよね。

反対に花粉の時期にマスクをしないで外出すると、
かなり花粉症の症状が出てきてしまいます…。

そのため、やっぱりマスクをすることって大事なんですよね。

特に不織布のマスクなら、鼻の形に沿わせて、
隙間がないように出来るものも多いので、
かなり花粉対策としてはおすすめできますよ!

ちなみに、反対に風邪対策や風邪予防なのでしたら、
不織布マスクよりもガーゼマスクの方がおすすめです。

というのも、ガーゼマスクは保湿性が高いので、
口の中や喉を乾燥から守ってくれる役割があるんですよ!

そのため、冬場の風邪対策にはガーゼマスクを、
春の花粉症対策には不織布マスクなど、使い分けていくのがベストですね。

でも私も今までなんとなく不織布のマスクを使っていましたが、
マスクでも種類によってこんなにも効果が違うんですね!

ぜひ目的に応じてマスクを選んでいきましょう。

マスクの付け方で効果が違うの?

マスクは正しい付け方をすることで効果がだいぶ変わってきます!

ということでマスクの正しい付け方を改めて学んでいきましょう。

・顔のサイズ合ったマスクをつける

マスクには子供用や女性用など、
サイズが分けられているものもあるので、
自分に合ったものを必ず付けるようにしましょう。

そうしないと隙間が出来てしまい、
そこから花粉が侵入してきてしまうので、
くれぐれも適当にマスクを選ばずに、
女性なら女性用など、サイズの合うものを使ってくださいね。

・正しい向きで付ける

花粉用の不織布のマスクは、
下向きのプリーツが外側になるようにつけましょう。

上下や裏表を反対にしてつけてしまうと、
花粉がマスクに溜まってしまうこともあるので、
必ず正しい向きでつけていくといいですよ。

・鼻や頬、あごなどを密着させる

マスクはしっかりと鼻の部分や頬、
あごの部分を密着させて、隙間がないようにしましょう。

隙間があるとそこから花粉が入り込んでしまい、
マスクをしていても効果を十分に発揮しないので注意してくださいね。

マスクはこれらの付け方をきちんと守れば、
しっかりと効果を得ることが出来るので、
ぜひマスク選びだけでなく、付け方にも注意してくださいね。

まとめ

花粉症の場合は不織布のマスクを使うことがポイント。

ガーゼよりも効果的に花粉症をシャットアウトできるので、
かなりおすすめなんですよ。

また、マスクは正しい付け方とサイズ選びで、
花粉をシャットアウトできるので、
ぜひ選び方やサイズなどには注意していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました