失敗しないたけのこのあく抜き方法って?簡単にできる?

たけのこのあく抜きに失敗する原因って、一体何なのでしょうか?

やっぱりたけのこを美味しく食べるには、しっかりとあく抜きをすることが必要ですね。

でもあく抜きの仕方がイマイチよく分からない場合もあるでしょう。

そこで今回は、失敗しないたけのこのあく抜き方法を大公開!

たけのこを食べる時はぜひ試していってくださいね!

たけのこのあく抜きに失敗する原因は?

たけのこのあく抜きに失敗してしまうのはズバリ、たけのこを茹でる時間が短かったり、湯止めといって、茹でたたけのこが冷めるまでそのままで置いておくことをしなかったから。

たけのこのあく抜きを失敗してしまう大きな原因には、この湯止めという工程がとっても重要になってくるんですね。

茹でたたけのこをお湯が冷めるまで、鍋に入れたまま置いておかないと、十分にあくが抜けずに、苦味、えぐみが残ってしまいます。

ということで、たけのこはしっかり茹でることと、茹でたらお湯が冷めるまで、最低でも一晩中は、たけのこをお湯に浸したままにしておきましょう。

そうすれば苦味やえぐみがしっかり抜けて、たけのこのあく抜きが完了しますよ!

やっぱりたけのこって、あく抜きの工程がすごく大切なんですね!

ちなみに、万が一たけのこのあく抜きに失敗して、苦味が残ってしまったら、たけのこを2~3日ほど水に浸しましょう。

その際、水はこまめに取り換えるようにしてくださいね。

もしくは、たけのこを天ぷらにしたり、ムニエルにしてしまうことで、あく抜きを失敗しても、苦味やえぐみが気にならなくなるので、とてもおすすめなんですよ!

あく抜きに失敗した時のためにこれらの対処法はぜひ覚えておきましょう。

たけのこのあく抜きを失敗させない簡単な方法

たけのこのあく抜きを失敗させない簡単な方法はズバリ先ほども少し説明したように、たけのこをしっかり茹でることと、湯止めをしっかり行うこと!

たけのこは最低でも1~2時間は弱火にかけて、ぐつぐつと茹でていくようにしましょう。

そして茹で終えたら、そのまま火を止めて、最低でも8時間以上はゆで汁に浸しておくこと!

そうすれば簡単にたけのこのあく抜きが出来るので、美味しいたけのこを食べることが出来ますよ!

やっぱり茹でることと、湯止めをすることが一番なんですね。

でも、工程自体はそこまで難しくないので、しっかり茹でて、ゆで汁に長時間浸す、ということを覚えておくようにしましょう。

そうすれば失敗しないしたけのこに、苦味やえぐみが残る心配も全くありませんよ。

たけのこはやっぱり美味しく食べたいですよね!

私もたけのこを調理する際は、あく抜きをしっかりしていこうと思います。

ぜひあなたの家庭でも、たけのこはしっかり茹でて、ゆで汁に8時間以上浸しておいてくださいね!

まとめ

たけのこのあく抜きを失敗してしまうのは、茹で時間が足りなかったか、湯止めの時間が足りなかったから。

たけのこは1~2時間は弱火で茹でて、その後は火を止めて、ゆで汁に8時間は浸して、湯止めという工程をおこなってくださいね。

そうすれば簡単にたけのこのえぐみや苦味を取れて、あく抜き出来るのでおすすめですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました