吸盤がつかないのは何故?落ちないようにするコツは?

吸盤がつかないのは一体何故なんでしょうか?

壁やタイルなどに吸盤を貼り付けても、
すぐに落ちてしまうことってよくありますよね…。

正直すごくイラっとしてしまいませんか?

今回はそんな、つかない吸盤のイライラを解消するために、
吸盤が落ちないようにするコツをご紹介。

ぜひ試してみて、吸盤が落ちないようにすると良いですよ!

吸盤がつかないのは何故?

吸盤がつかないのにはいくつかの理由が考えられます。

ではその理由はどんなものがあるのか、
詳しく解説していきますね。

・吸盤にゴミやホコリが付着している

吸盤部分にゴミやホコリなどが付着して汚れていると、
壁につかないようになってしまい、すぐ落ちてしまうんですよね…。

そのため、まずは吸盤が汚れていないかチェックしてみましょう。

・吸盤が変形してしまっている

長年使っていた吸盤は、変形してしまっていることが多く、
そのため、壁と吸盤の間に空気が入り、
落っこちてしまうようになるんですよね。

ぜひ長い間使っている吸盤は変形していないか確かめてみましょう。

・吸盤に重いものをかけてしまっている

吸盤が耐えられる重量を超えているものをかけていると、
吸盤はすぐに剥がれて落ちてしまいます。

そのため、重いものを吸盤にかけないようにしていきましょう。

以上が吸盤がつかない理由として考えられるものです。

特に長年使っていた吸盤は、吸着力が衰えてしまっているので、
壁につかないことが多いんですよね…。

では、一体どうしたら吸盤がつくようになるのか、
そのコツを次に紹介していきます。

吸盤が落ちないようにするコツ

吸盤が落ちないようにするためには、
以下の方法を試してみましょう!

・吸盤を熱湯に浸す

吸盤を70度~80度の温度のお湯に浸すことで、
変形を元に戻すことが出来ます。

しかも衰えてしまった吸着力も復活するので、
ぜひ試してみると良いですよ!

・吸盤や壁の汚れをキレイに拭き取る

やっぱり吸盤や壁に汚れが付着していると、
つかなくなってしまうので、吸盤と壁は、
しっかり拭き掃除をして、汚れを除去していくようにしましょう。

・ハンドクリームを吸盤に塗る

これは裏ワザなのですが、吸盤にハンドクリームを塗ると、
吸着力がなんと復活して落ちにくくなるんですよ!

というのも、ハンドクリームを塗ることで、
壁との間に空気が入り込みにくくなるので、
しっかりと吸着するというワケなんですよね。

吸着力が衰えた吸盤には、
ぜひハンドクリームを塗ることを試してみてくださいね!

・両面テープを貼る

どうしても吸盤が壁につかないのでしたら、
最終手段として、両面テープを使ってみるのもおすすめです。

ただしそうすると、剥がす時に壁に跡が残ったり、
壁紙が剥がれてしまうこともあるので、
賃貸物件にはおすすめできない方法なんですよね。

そのため、出来れば両面テープを貼るという方法は、
本当に最終手段として考えておくようにしましょう。

以上が吸盤がつくようになるコツです!

どれも簡単なので今すぐにでも試すことが出来そうですね!

特に、吸盤を熱湯に浸すというのはおすすめなので、
ぜひ試してみるといいでしょう。

今度吸盤がつかなくなったら、
これらの方法を実践してみたいと思います!

まとめ

吸盤がつかない理由は、吸盤の変形や汚れなどによるもの。

そのため、熱湯で吸盤の変形を直したり、
汚れを拭き取ったり、またハンドクリームを塗るなどすれば、
吸盤の吸着力を復活させることが出来ますよ!

簡単な方法ばかりなので、ぜひお試しを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました