酒粕を冷凍保存しても栄養分は変わらない?効果的で長持ちする保存方法は?

酒粕って冷凍保存をしても、栄養分は変わらないんでしょうか?

出来れば栄養分はそのままで、
長期保存できる方法を知っておきたいですよね。

それにはやっぱり冷凍よりも冷蔵した方がいいもの?

今回はそんな、酒粕を冷凍しても栄養価は変わらないのか、
酒粕を長期で保存するにはどんな方法が良いのかを紹介します!

酒粕を冷凍保存したら栄養分は減ってしまう?冷蔵保存の方がお薦め?

酒粕は冷凍保存をしても、
栄養分が減ってしまうということはありませんよ。

そのため、酒粕を長持ちさせたいのでしたら、
ぜひ冷蔵よりも冷凍した方が良いでしょう。

確かに冷蔵保存をしておけば、
酒粕は発酵が少しずつ進みます。

そのため、酒粕を冷蔵保存する場合は、
ときどき様子をみて袋が発酵で生じたガスによって膨らんでないか、
チェックする必要があるんですよね。

でも、発酵が進むだけであって、
栄養価は特に変わることがありません。

そのため、発酵を進ませたくなかったり、
少しでも長期で酒粕を保存させたいのでしたら、
ぜひ冷凍で保存をしておくと良いですよ!

やっぱり酒粕って冷凍しておいた方が良いんですね!

では続いて酒粕を冷凍する場合の詳しい方法などを紹介していきます。

ぜひ酒粕の賞味期限を延ばしたいのでしたら、
覚えておくようにしましょう。

酒粕の栄養分はそのままで長持ちさせる保存方法は?

酒粕の栄養分はそのままで長持ちさせたいなら、
先ほども紹介したように、酒粕を冷凍保存しておくのが良いでしょう。

板状の酒粕は小分けにしてラップに包み、
フリーザーバッグに入れておきます。

ペースト状になっている酒粕も、なるべく小分けにしてラップで包んでから、
フリーザーバッグに入れて冷凍庫で保管していきましょう。

なるべく急速冷凍した方が鮮度を保てるので、
酒粕が入ったフリーザーバッグをステンレス製のトレーにのせて、
冷凍庫に入れるか、アルミホイルを冷凍庫に敷いて、
その上で酒粕を凍らせていくと良いですよ!

冷凍した酒粕は、なんと約1年間は保存することが出来ます。

やっぱり長期保存には冷凍保存するのが適しているんですね!

そして、凍らせた酒粕を使う時は、
冷蔵庫に移して自然解凍してから使うようにしましょう。

レンジで加熱などは出来ないので、
必ず酒粕は冷蔵庫で自然解凍をしていってくださいね。

ということで、酒粕のベストな保存方法は冷凍保存!

1年間と長期間保存できるだけでなく、
栄養分もそのままなのでとっても安心ですよ。

酒粕がもし余ってしまった時は、
ぜひ冷凍保存をしていくようにしましょうね。

そうすれば必要になった時に、
必要な分だけ酒粕を使うことが出来るのでとっても便利ですよ!

まとめ

酒粕は冷凍でも冷蔵でも、どちらの保存方法でも、
栄養分が変わることはありません。

そのため、余った酒粕は1年間保存出来る冷凍で、
保存をしておくのがおすすめですね。

小分けにしてフリーザーバッグに入れ、
冷凍で保存しておけばOK!

そうすれば栄養価も高い酒粕をいつでも使えますよ!

酒粕を解凍する際は冷蔵庫に入れて自然解凍していってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました