吸盤を使いたいけどくっつかない場所であるときはどうしたらいい?

吸盤を使いたいけれど、くっつかない場所ってありますよね。

こんな時って一体どうすればいいんでしょうか?

何かを貼ってから、吸盤をくっつければいいもの?

今回は、吸盤を使いたいけれどくっつかない場所には、どうしたら吸盤をくっつけることが出来るのかをご紹介します。

吸盤がくっつかない場所にはどんなところがあるの?

吸盤がくっつかない場所というのは、表面がデコボコしていたり、ザラザラしている場所などですね。

一般的には、家の壁紙や木製品などには、吸盤をくっつけることが出来ません。

吸盤って基本的には、表面がツルツルしている場所でないと、くっつけることが出来ないんですよね。

でも、壁紙などに吸盤をくっつけたい場合もあるでしょう。

吸盤なら壁に穴をあける必要がないので、賃貸物件などでも安心して使うことができますよね!

でも先ほども説明したように、タイルやガラス、金属などツルツルした表面でない限りは、吸盤をくっつけることが出来ません。

でもある方法を使えば、吸盤が使えない場所であったとしても、吸盤を使うことが出来るんですよ!

ということで、続いては吸盤を壁紙など、ザラザラした場所にもくっつけることが出来る、とても簡単なコツをご紹介していきます!

吸盤がくっつかない場所にも使いたいときのコツってあるの?

吸盤がくっつかない場所に吸盤を取り付けたいのでしたら、ぜひ吸盤専用の補助板を使うようにすると良いでしょう。

補助板は壁紙などに貼るだけで、そこに吸盤をくっつけることが出来るようになるので、とっても便利なんですよ!

しかも壁紙に穴をあけるなど傷をつける心配もないので、賃貸物件にお住まいの場合でもとっても安心。

ということで、吸盤をデコボコした場所や、ザラザラした場所にくっつけたい時は、この補助板を活用するようにしましょう。

私がおすすめの補助板の通販サイトはコチラ。


確かにこれなら安心して吸盤を使えますね!

筆者も吸盤を壁紙に取り付けたい場合は、補助板を使っていこうと思います!

やっぱり便利グッズに頼るのが一番のコツなんですね!

吸盤が壁紙などにもくっつけるようになれば、かなり便利になるでしょう。

洗面所やキッチンのタオル掛けとか、吸盤がくっつけられれば、かなり役立ちます。

ということで、吸盤にはぜひ補助板を使って、どこでも吸盤をくっつけられるようにしていきましょう!

まとめ

吸盤は基本的に、壁紙など表面がザラザラしている場所だと、くっつけることが出来ません。

そこで、吸盤用の補助板をまず貼り付けて、そこに吸盤をくっつけるようにしましょう。

そうすれば吸盤も簡単に貼り付けられるので、とても便利だし壁紙を傷つける心配もありませんよ!

ぜひ試してみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました