バナナを長く保存するにはアルミホイルを使うといいって本当?

バナナを長く保存するには、「アルミホイルを使うといい」というのは果たして本当なんでしょうか?

でもアルミホイルをどうやってバナナに使うべき?

アルミホイルでバナナを包めばいいのか、イマイチよく保存の仕方が分かりませんよね。

そこで今回は、バナナを長持ちさせる、アルミホイルを使った保存の仕方を詳しく紹介していきます。

バナナを長く保存するにはアルミホイルを使うといいって本当?

バナナを長く保存するのにアルミホイルが役立つ、というのはズバリ本当なんですよ!

バナナの房部分をアルミホイルで包んでおくと、バナナを長持ちさせることが出来るんです。

なぜかというと、バナナの房部分から、日が経つごとにエチレンガスが発生してしまい、これによってバナナがどんどん傷んでいくんですよね。

ところが、房部分にアルミホイルを巻いて包んでおくことで、エチレンガスの放出を抑えることが出来るので、長く保存が可能なんですよ。

やっぱり、バナナにアルミホイルを使うことで、長く保存をさせることが出来るのは本当だったんですね!

私もバナナを購入したら、ぜひ房部分にアルミホイルを巻いて、長持ちさせていくようにしたいと思います!

バナナってすぐ傷みはじめて黒ずんでしまうけれど、この方法なら簡単だし効果的なので、ぜひバナナを買ったら試してみてくださいね!

バナナを長く保存するコツは?

バナナをより長く保存するコツはズバリ、バナナを1本1本房からバラしてから、全体をアルミホイルで包んでおくようにしましょう。

すると、よりバナナを長く保存出来るようになるんですよ!

また、更にもっと長持ちさせたい場合は、バナナをアルミホイルで1本ずつ包んでから、ビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室に入れておきましょう。

バナナって南国のフルーツなので、低い温度で保存するのは適していないとされていますが、アルミホイルを巻いてビニール袋に入れたうえで、温度が低すぎない野菜室に入れておくことで長持ちしますよ。

だいたい1週間は保存することが出来るので、かなりおすすめの方法です。

もし常温でバナナを保存するのでしたら、アルミホイルで全体を包んだうえで、通気性の良い場所に置いておくようにしましょう。

また、更に1ヶ月とかなり長期間保存させたい場合は、バナナを冷凍保存しておくのがベスト!

バナナの皮を剥き、食べやすい大きさにカットしたら、フリーザーバッグに重ならないように入れて、冷凍庫に入れておきましょう。

食べる時は凍ったまま食べても美味しいし、冷蔵庫に移して自然解凍してもOKですよ!

また、冷凍しておいたバナナをスムージーにするのもおすすめ!

とっても美味しいのでぜひ試してみてくださいね!

まとめ

バナナはアルミホイルで包んでおくと、
傷ませてしまうエチレンガスの放出を抑えられるので、
保存するのにとっても便利なんですよ。

長持ちさせたい場合は、バナナを1本ずつアルミホイルに包み、
ビニール袋に入れてから冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

もしくは、皮を剥いて食べやすい大きさにカットし、
フリーザーバッグに入れて冷凍庫に入れてもOK!

すると1ヶ月と長く保存出来るので、
かなりおすすめの保存方法なんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました