発酵生姜の作り方は?特別な道具が必要?簡単に作れる?

発酵生姜の作り方って簡単なんでしょうか?

発酵生姜があると、寒い時期に飲み物や料理に入れたりできて、
すごく便利ですよね!

でも、出来れば簡単な作り方なのが理想。

ということで今回は、寒い時期にあると何かと便利な、
発酵生姜の作り方を詳しくご紹介します。

合わせて、発酵生姜を長持ちさせるポイントも解説しますので、
ぜひ作る際には覚えておくと良いですよ!

発酵生姜の作り方は?

発酵生姜の作り方って実はとっても簡単で、煮沸消毒したビンに、
皮を剥きみじん切りかすりおろしした生姜を入れて、
冷蔵庫で約2週間寝かせるだけ!

たったこれだけで、お手軽に発酵生姜が作れちゃうので、
すごく簡単ですよね!

生姜はみじん切りにするかすりおろすかは、
お好みで決めていってOKですが、飲み物にも入れるのでしたら、
すりおろした生姜を保存しておくことをおすすめします。

ビンに入れてしっかり蓋をして冷蔵庫に入れておけば、
いつでも生姜が楽しめるので、ぜひ寒くなる時期に向けて、
作っておくと良いですよ。

発酵生姜のより詳しいレシピはコチラも参考にしてみてくださいね。

楽天レシピ -料理レシピ検索サイト
楽天が運営する料理レシピの検索サイト。今日の献立や料理を見つけて、料理して投稿してポイントも貰えてさらにおいしいレシピサイトです。人気順検索も無料!

こちらのレシピでは生姜をよく洗っているため、
皮ごとすりおろしていますが、気になる場合は、
皮を剥いてからすりおろしても大丈夫ですよ!

ぜひ用途やお好みに合わせて、発酵生姜を作ってみてください。

何かと役立つし、体にも良いのでとってもおすすめなんですよ!

私も今度、発酵生姜を作ってみようと思います。

やっぱり冬場の寒い時期は生姜があると体を温められるので、
何かと良いですからね!

健康や風邪予防のためにも、
発酵生姜作りにチャレンジすることを良いですよ!

発酵生姜を長持ちさせる方法は?

発酵生姜を長持ちさせる方法はズバリ、
きちんと冷蔵庫に入れて低温で保存をしておくことですね。

また、発酵生姜を作る際は、入れておくビンやその蓋も、
しっかりと煮沸消毒をして、雑菌が生姜に入り込まないようにしましょう。

そうすれば発酵生姜は約1ヶ月は日持ちするようになりますよ。

ちなみに発酵生姜を作ってみて、
異臭がしたりカビが生えてしまっていたら、
雑菌が繁殖してしまった証拠なので、
絶対に食べずに捨てるようにしてくださいね!

基本的には、きちんと容器に使うビンを煮沸消毒して、
冷蔵保存しておけば、発酵生姜は長持ちします。

でも、消毒が甘かったり常温で保存してしまうと、
発酵生姜作りに失敗してしまうのでくれぐれもご注意を。

やっぱりちゃんと発酵生姜を作るには、
ビンをしっかりと消毒して冷蔵保存しておくべきなんですね。

特にビンを消毒するのは大事だし、
作り方でも重要な工程なので、
雑菌が付着することのないようにしましょう。

そうすれば発酵生姜はしっかりと長持ちして、
料理などに活用することが出来ますよ!

まとめ

発酵生姜の作り方はとっても簡単で、
煮沸消毒したビンにみじん切りかすりおろしした生姜を入れ、
2週間冷蔵庫内で寝かせるだけ!

本当に発酵生姜作りって簡単ですね。

ただし、ビンをしっかり煮沸消毒することと、
冷蔵保存をすることは大事なので、
くれぐれもこの2点に注意して、
発酵生姜作りを成功させましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました