干し芋の簡単な作り方は?白い粉の正体は?

干し芋を簡単に家庭で作るには、一体どうしたらいいんでしょうか?

干し芋って日本茶にも合うしすごく美味しいですよね!

でもよくみると、干し芋には白い粉がついています。

これは一体何の粉なんでしょうか?

そこで今回は、干し芋を家庭で簡単に作る方法と、
干し芋の表面にある白い粉の正体をご紹介します。

干し芋好きな人はぜひ知っておくといいですよ!

干し芋を簡単に作る方法

干し芋を簡単に作るには、オーブンを使うのがとってもおすすめ!

やっぱり干し芋を作るには、外で天日干しにしなきゃいけない、
と思ってしまいますよね。

ところが、実はオーブンさえあれば、
簡単に干し芋を作ることが出来るんですよ。

まずさつまいも(おすすめは安納芋)を蒸かして、
熱いうちに皮を剥いていきます。

そして一旦冷ましたら、7~8ミリ幅にカットして、
クッキングシートを敷いたオーブンに並べ、
100度1時間焼いていきましょう。

そしてひっくり返してもう1時間加熱すれば、
天日干しにしなくても、簡単に干し芋を作ることが出来るんですよ!

詳しい作り方は下記のレシピを参考にしてみてください。

オーブンで簡単 干し芋の作り方 作り方・レシピ | クラシル
「オーブンで簡単 干し芋の作り方」の作り方を簡単で分かりやすい料理レシピ動画で紹介しています。干し芋の作り方のご紹介です。自然な甘さで食べ応えも満点の「干し芋」を自宅でも作ってみませんか。少し手間はかかりますが、手作りの旨味が凝縮した干し芋は、素朴な味でとても美味しいですよ。ぜひ作ってみてください。

干し芋って、こんなに簡単に出来るんですね!

すごく簡単なので、筆者も試してみたくなりました!

ただ、オーブンが家庭にない場合もありますよね…。

その場合には、さつまいもを蒸かして皮を剥き、
1センチくらいの厚さにカットした後、
風通しが良い場所に2~3日天日干ししていけばOK!

詳しい作り方は下記のレシピを参考にしてみてください。

簡単に出来る!美味しい干し芋の作り方♡ by めぐみの郷
【人気検索1位】自然の甘みがしみじみ美味しい干し芋。自家製なら安心、安全です。材料は蒸したお芋と太陽、そして風♪

オーブンがなかったとしても、
意外と簡単に干し芋って作れるんですね!

ちなみに、干し芋は食べる直前にトースターで軽く温めると、
よりホクホクして美味しくなるのでぜひ試してみてください!

やっぱり干し芋は美味しい方が断然に良いですからね!

ぜひご家庭でも干し芋を作って楽しみましょう!

干し芋の白い粉の正体は?

市販の干し芋を見てみると、表面に白い粉が付着していますよね。

これはひょっとしてカビ!?と驚くかもしれませんが、
カビではありませんので、どうかご安心を。

干し芋の表面に付着している白い粉は、実はさつまいもの糖分なんです。

さつまいもを干して乾燥させることで、
表面に糖分が浮き出てきて、
それが白い粉のような結晶になったものなんですよ。

ただしこの糖分は麦芽糖という種類の糖分であり、
甘さがとっても控えめなんです。

そのため、この白い粉だけをなめたとしても、
砂糖のように強い甘さを感じないんですよね。

ちなみにこの白い粉は、干し芋を天日干しにして、
乾燥させると出てくるので、先ほど紹介したオーブンで作る方法だと、
表面に白い粉が出てこない場合があります。

でも白い粉が表面に出てこなくても、
十分に干し芋は美味しく食べることが出来ますよ。

ちなみに、干し芋は白い粉が出れば出るほど乾燥する反面、
硬くなってしまいます…。

そのため硬くなってしまった干し芋に関しては、
トースターで軽く温めるなどしていくといいでしょう。

そうすれば美味しく食べられるのでおすすめですよ。

まとめ

干し芋はオーブンがあれば天日干しにしなくても、
とても簡単に作ることが出来ます。

オーブンがなくても、天日干しにすれば、
2~3日で干し芋が出来上がるので案外簡単ですよ!

そして干し芋の表面に付着している白い粉は、
さつまいもの糖分なんです。

そのため、白い粉が出てしまっていても、
普通に食べることが出来るので安心してくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました