ネギが新鮮かどうかはどこを見ればわかる?簡単にわかる見分け方

長ネギが新鮮なのかどうかを見分けるには、どこをチェックすると良いんでしょうか?

出来れば少しでも、新鮮な長ネギを購入したいですよね。

ということで今回は、意外と知られていない、新鮮な長ネギの見分け方を詳しくご紹介!

ぜひスーパーでネギを購入するときは参考にしてみてくださいね!

ネギが新鮮なのかどうかはどこをみればわかる?見分け方は?

ではまず、根深ネギと呼ばれる、一般的なスーパーで売られている長ネギの新鮮かどうかの見分け方を解説!

・ネギの白い部分と緑色の部分の境目がハッキリしている

ネギの白い部分と上の緑色の部分との境目がハッキリとしているものは、新鮮なネギの証拠です。

そのため、色がそれぞれハッキリとして鮮やかなものを選びましょう。

・ネギが硬くて身が引き締まっている

ネギを触った時に、身が硬くて引き締まっているのもは、鮮度が良い証拠。

反対に柔らかいネギは鮮度が落ちているので、くれぐれも選ばないように注意しましょう。

・白い部分の太さが均一

新鮮なネギは白い部分の太さが均一です。

また、白い部分に光沢があると、より鮮度が良いということになるんですよ。

・緑の部分が肉厚

ネギの緑の部分が肉厚でしっかりとしているものは、鮮度がとても高いんですよ。

そのため、新鮮なネギを購入したい場合は、緑の部分までもしっかりチェックしておきましょう。

・白い部分に傷がない

新鮮なネギは白い部分に傷がありません。

反対に傷ついているネギは鮮度が落ちているので、選ばないのがベストですね。

以上が通常のネギの鮮度の見分け方。

続いて、万能ねぎなど葉ねぎの鮮度の見分け方を紹介します。

・葉先が枯れていないもの

葉先が枯れてしおれてしまっているものは、鮮度が落ちているので選ばないのがGOOD!

ピンとした葉先のものを選びましょう。

・色が鮮やかなもの

緑色の部分が特に鮮やかなものは鮮度が良い証拠ですよ。

そのため、色がしっかりと濃くなっているネギを選んでくださいね。

・根本の部分がしっかりとしている

根本の白い部分がしっかりとしていて、みずみずしいものは鮮度が良いです。

葉先だけでなく、根本もしっかりチェックしておくと良いですね。

以上が新鮮なネギの見分け方なので、ぜひ覚えておくようにしましょう!

どの品種でもネギの見分け方は同じ?

基本的にネギは大きく、根深ネギと葉ネギの2品種に分かれます。

根深ネギにはスーパーでよく見かける千住ネギや、下仁田ネギなどの品種があるのですが、基本的にはそれらの品種も鮮度の見分け方は同じ。

また、葉ネギと呼ばれる万能ねぎ、やっこネギなどの品種も、先ほど紹介した鮮度の見分け方で新鮮かどうか判断してOKですよ!

どんな品種であっても、基本的には緑の部分がしっかり青々としていて、身が引き締まって硬いものが鮮度が良い証拠なので、ぜひそれを覚えておくようにすると良いでしょう。

筆者もネギを買う時は、白い部分の硬さや、緑色の部分の濃さに注目してみたいと思います!

ぜひ新鮮なネギを選んで美味しく食べましょう!

まとめ

新鮮なネギの見分け方は、白い部分がしっかりしていることや、緑色の部分が肉厚で青々として色が濃いもの。

どの品種であっても、この見分け方をすれば、鮮度が良いネギを選ぶことが出来るので、ぜひ覚えておくようにすると良いです

コメント

タイトルとURLをコピーしました